目視できなくても

作業服の男性

捕獲の今後予測について

動物園などの飼育施設以外でイタチを実際に見たことがある人は、それほど多くはないと思います。しかし実際にはイタチは日本全国どこにでもいる野生動物であって、更に昨今は住宅などに侵入して問題となっていて、害獣として捕獲されることもある身近な動物です。本来は山間部など木々がうっそうとした自然豊かな土地に生息する動物でしたが、昨今の開発によって生息域が狭められた結果、一部のイタチは人間の生活圏に生息域を広げてきました。イタチにとってみれば、人間の生活圏は天敵に襲われる心配の少ない好都合な土地です。更に人間の住む住宅は雨風がしのげる上に暖かく、格好の住処となります。そうした状況でイタチの捕獲依頼は年々増加傾向にあり、今後もこうしたイタチの捕獲依頼は増えていくと予測されます。

イタチの駆除と注意について

住宅にイタチが侵入してしまった場合は、様々な問題が発生する前に一刻も早く駆除したいところです。しかし実際に駆除する場合はどうしたらいいのか分からないことも多いと思います。そこで、ここで少しだけ注意したいことを見ていきます。まず前提としてイタチは鳥獣保護法によって、むやみに駆除することが禁止されている野生動物であるということです。そのため、駆除といっても捕獲することが基本となります。更に捕獲するにも都道府県から特別な許可をもらわないといけないので、一般の人にとっては手間がかかりすぎるため、駆除を専門とする業者に捕獲を依頼するのが一般的です。またイタチは見た目としては小さく、かわいらしい顔をしていますが、一方で非常に狂暴な側面を持っています。捕獲する際は罠などを設置して捕獲しますが、捕獲を待つ間にペットなどが襲われないように注意することも大事です。

Copyright © 2015 シロアリ被害や害獣被害を抑えるために【駆除して被害をなくそう】. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加